スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金のこと---得意と苦手。

最近、5年前に購入した市債が満期になりました。

当時の利率は1.6%ほどでしたが、今は0.3%くらい
だそうです。

それだったらネット銀行の定期と変わりませんね、と言ったら
銀行の方もそうですね~と苦笑い。

結局そのまま現金でもらって、ネット銀行に入れました。



結婚して数年が経ち、貯金が増えてきたとき、
投資について考え始めました。

資産運用の本を読んだりネットで情報を集めたりして、
市債や社債を購入し、株も投資信託も少し購入しました。

でもどうしても興味が持てないし、お金の運用の事を
考えるのが苦手で、この2年は何もしていません。

売りたいとも買いたいとも思わないし、減っても増えても
なんだかぴんときません。


唯一、個人型401kに加入して、毎月23,000円ずつ
引き落としされているのだけが現在の投資と呼べるもので、
このままで良いのか心の隅でいつもひっかかっていました。

このブログは、家計管理のカテゴリーしていて、
こちらのカテゴリーの方はきっちり資産運用や投資について
考えられている方が多いように思います。

投資が苦手なことをずっとコンプレックスに思い、
焦りを感じることもあります。


一方で私はお金の使い方を工夫して楽しく暮らすのが得意だと思います。

食べ物、衣類、美容にこだわりを持ち、趣味を楽しんでも
毎月の出費は毎月20万円以内に収まることが多いです。

私のお給料は毎月13万ほどですが、
手を付けたことはないのでそのまま貯まり、
今月は夫のお給料が増えたので30万近く
貯金ができました。


また、今は仕事にとてもやりがいを感じていて、
叶うなら70歳まででも80歳まででも働きたい!と
思っています。

平均以下の収入でも、長く働き続けられるなら、
生涯で得る収入は、高収入の人と変わらないんじゃないか、
と思ったりもします。


そんな自分のお金に関する得意と苦手を考えていると、
苦手な資産運用の事を考えることより、
自分の得意分野を伸ばしていくことで
お金とうまく付き合えるんじゃないかと思えてきました。

得意分野を活かして収入の道を増やすこと、
少ないお金で楽しく暮らす技術を磨くこと、
この2つがあれば、お金に困らないはずです。

何かの本で、何かの分野で成功している人は、
努力をしたというより、そのことに対して夢中になり
熱中したから結果的にそれが努力と言われているのだ、と
いうのを読んだことがあります。

お金の運用で成功している人って、その法則みたいなものに
当てはまるなあ、と思いました。

私は今は投資に興味が持てないので、きっとその分野では
成功しないと思います。


ところで、お金を貯めようと思うのは、幸せになるためですよね。

自分の好きなこと、夢中になれることを続けて
そこからお金を得ることができたら、すごく幸せだと
思うんです。

苦手な投資のことを考えたり勉強することより、
自分の得意な分野で突き抜けて、収入を得るほうが
お金を増やす近道になるんじゃないか、と思っています。

今、毎日がとても充実しています。

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ    にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ    にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ





関連記事
プロフィール

さわら

Author:さわら
30代前半の主婦、さわらです。夫と二人暮らしです。
お金をかけずに質の高い暮らしを送れるように工夫しています。

押していただけると嬉しいです。


  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

  
人気ブログランキングへ

*当ブログはリンクフリーです。

私が肌を褒められる理由。
無農薬野菜のとってもお得なお試しセット
敏感肌でも大丈夫な白髪染め。

→全成分と感想はこちら

→染まり上がりの写真や短所
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
 

年収300万~700万 普通の人が老後まで安心して暮らすためのお金の話

全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)

日経 TRENDY (トレンディ) 2014年 03月号 [雑誌]

かんたん が おいしい!: スーパー主婦・足立さんのお助けレシピ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ナンバーワンの還元率1.75%!
楽天でお買い物
相互リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。